casati
1892 年、西フランスのプソージュという村で靴職人であるPatrick Benetau(パトリック ベネトー)が息子たちと靴を作り始めた。“ 一足一足に情熱を込める”父が語ったその言葉は、息子達、そして孫達へ受け継がれていった。1930 年“PATRICK”はサッカースパイクを中心としたスポーツシューズで高い評価を受けた後、1972年ついにシューズの後方に鋭く刻まれた「2本線」が誕生、ブランドのイメージをさらに強烈なものとした。その後“PATRICK”が発表するカラフルなスポーツシューズはファッションに敏感なパリの人々から注目を集めて行くことになった。日本へは、1978年に上陸を果たす。当時機能性だけが注目されていた「スニーカー」の中で、“PATRICK” 持つ鮮烈なカラーリングや洗練されたフォルムは、流行に流されない洒落者達からひそかに注目を集めてきた。“PATRICK”は当時のコピーである“足元のメークアップ”を現在でも忠実に受け継ぎ、流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドでありたいと考える。そして“PATRICK”は足元から独自のセンスとスタイルのある、自由で心地の良い「ライフスタイル」を常に提案し続ける
スニーカーブランド、PATRICKの70 年代モデルを復刻した「ネオクラシック・サイクルシューズ」。
70年代、ツール・ド・フランスを頂点にクラシックやステージ・レースで活躍した、2人のフランス人選手がいました。彼らはパトリックを愛用し、レース界の頂点をめざしました。
両選手の業績を称えるとともに2人の足元を支えたビンディング・シューズ(SPDタイプ)の復刻モデル「Poulidor」を発売します。
Price:20,000 円(税別)
Size:39 〜44
Color:BLK/WHT/RED/SIV
Weight:290g
Meterial:カンガルー・レザー
Binding Type:SPD

※ベルナール・イノー(Bernard Hinault、1954年11月14日-)兄に借りた自転車で地元のレースに出場したのが初めてのレース参加であった。1974年20 歳の時にプロ入り。「平地に見えるところでも決して速度を緩めないこと」をポリシーとし、その後ツール・ド・フランス5 勝(1978 年、1979 年、1981年、1982 年、1985 年)をはじめ、ジロ・デ・イタリア3 勝(1980 年、1982 年、1985 年)、ブエルタ・ア・エスパーニャ2 勝(1978 年、1982 年)、世界選手権優勝(1980 年)、パリ?ルーベ、ジロ・ディ・ロンバルディア、アムステルゴールドレース等主要ロードレースで数多くのタイトルをものにした。イノーといえば、平地、山岳、タイムトライアルと、いずれも超一流の実力を兼ね備え、エディ・メルクスと並び称される、真のオールラインダー選手。

※レイモンド・プリドール(Raymond Poulidor、1936 年4月15 日-)1973年にレジンオンヌール勲章を受賞。ツール・ド・フランスに14 回出場、そのうち12 回完走し、総合2 位 3 回、総合3 位5 回の好成績。
プリドールは選手として十分な才能を持ちながらも、不運なことにジャック・アンクティルとエディー・メルクスという二人の傑出した名選手と同時代に活躍した為に「永遠の二番手」に甘んじることとなった。しかし、ツール表彰台8回。なお、シクロクロス世界チャンピオンを経験した、アドファンデルプールの義父である。


Information KAMEI PROACT CORPORATION
2006年秋冬の発表以来、大好評の「SULLY」にSPDペダル対応ソールに変更したモデル。
PATRICKスニーカーの持つシャープな雰囲気はサイクリングシューズにおいても継承されています。
2本のPATRICKラインがカジュアルなファッションにあわせても存在感をしっかりと主張します。
街乗りやポタリングに最適のシューズです。

素 材:牛革 生産国:日本
カラー:ブラック・ホワイト
価 格:18,000円(税抜)

PATRICK SULLY SPD <パトリック シュリー> サイクリングシューズ 限定カラー

人気のSULLYに英国ピタード社の「防水・速乾・耐久性」に優れた革を使用。
美しい色合いや風合いと機能性の高さを併せ持つ限定品です。

カラー:グレー・ブルー・イエロー
サイズ:39から44
価 格¥23,000(税別)